画像を開くには?

CODIJY Colorizer ProまたはCODIJY Recoloringを起動すると、プロジェクトエクスプローラーがポップアップ表示されます。

画像を開くには、プロジェクトエクスプローラの「開く」アイコンをクリックします(2)。 さらに、ツールバーの同じアイコンにもアクセスできます(1)。画像をCODIJYドキュメントとして保存している場合は、プロジェクトエクスプローラの「ドキュメント」タブの下にあるタブ付きプレビュー(3)を検索してください。プロジェクトエクスプローラ(4)には、ツールバーからいつでもアクセスできます。

open-image-or-document_JA
1
2
4
3

または、以下の方法もあります。

  • CTRL + O (Win) / CMD + O (Mac)を押してください
  • ファイル] -> [ドキュメントを開く]または[イメージ]メニューを使用して開きます

サポートされている画像フォーマット

  • JPG – Joint Photographics Expert Group
  • JPEG – Joint Photographics Expert Group
  • PNG – Portable Network Graphics
  • BMP – Windows Bitmap
  • PBM – Portable Bitmap
  • PGM – Portable Graymap
  • PPM – Portable Pixmap
  • XBM – X11 Bitmap
  • XPM – X11 Pixmap
  • TIF – Tagged Image File Format
  • TIFF – Tagged Image File Format
  • WBMP – Wireless Application Protocol Bitmap Format

画像やCODIJY文書のインポート・エクスポートについては、「CODIJY取扱説明書」で詳しく解説しています。

Colorizer Pro を無料で試す

CODIJY Colorizer Proで写真のカラーリングの魔法の芸術を試してみてください! 15日間、リスクなしでそのすべての機能をお試しください! 素晴らしいカラーリングを作成して、CODIJYドキュメント(*mgdファイル)に制限なく保存しましょう。

15日間、リスクなしですべての機能をお試しください! 

WindowsとMacに対応しています。ダウンロードリンクをメールボックスにお届けします   

1回分のメールをお送りします。

(*) 登録版で保存したCODIJY文書を開くと、カラー化されたプレビューから透かしが消えます。