マスタークラス

ポートレイトにマスクを追加する

著者

Vera Zvereva, カラライザー, CODIJY

上級者向けのマスクパターンをマスターして、プロのカラーリング技術を身につけましょう。

Contents

このチュートリアルに必要なもの

はじめに

顔をリアルに彩るには?顔のさまざまな部分の自然な色を再現するには?このチュートリアルでは、ポートレートにカラーマスクを追加する高度なテクニックを説明します。

注意:このチュートリアルには、あらかじめ定義されたカラーパレットが付属しています。保存されている色は、サンプルドキュメントの「カラーヒストリー」で確認できます。             

自然な肌色

まず、鼻、こめかみ、あごの部分から始めます。一般的に、これらの部分にはベースカラーの明るい色調が必要です。ヘアライン、上唇の上、眉毛の周りなども同様です。

portrait first masks

最初の色を選んで、提案された例に従ってください。ライブラリーを使用する場合は、ハイライトを強調するために、暗い部分に使用する色調とは少し異なる色調のライトトーンを選ぶことをお勧めします。

これらの部分の処理が終わったら、残りの部分にマスクを追加します。2番と3番のトーンは、鼻の穴と頬にわずかにピンクのアクセントを加えます。完成したら、カラー化されたプレビューを生成し、結果を確認します。

リアルな目

アイホワイトに2ストロークのカラー(1)を加えます。次に、原色(2)を目の虹彩に適用します。人間の目の虹彩は、一般的に複数の色が混ざり合ったカオスな状態であることに注意してください。ここでは、黄色のドット(このような色の組み合わせはよくあります)を数個加えて、原色で囲んでみてください。この2つ目の色が、目を完全に生かすのです。

なお、このビデオチュートリアルでは、カラー化された結果をリアルタイムで表示するために、インスタントプレビューモードを有効にしています。インスタントプレビューは、細かい作業をする際に非常に便利です。

自然な唇

口紅を塗っていない大人の唇は、複数のトーンを持っています。ベージュ(2)とピンク(1)の組み合わせを、シワの上に追加していきます。

髪の毛にマスクをつける

ほとんどの場合、髪の毛の暗い部分に対照的なトーンを加えるために、追加の色を使用する必要があります。この例では、ブロンドの色調とダークカラーの色調が異なっていることに注意してください。暗い部分と明るい部分の区別を正確につけるようにしてください。

背景

ビデオにあるように、残りの3色を背景に追加します。

プレビューを作成します。
1) 色が境界線からはみ出している部分があれば、ストロークを追加します。
2) HSBレピアントツールを使って、トーンを補正します。

第一印象は、画像全体で決まることを覚えておいてください。多少の欠点があっても、新鮮な目で見ればほとんど気になりません。

練習用写真

写真をクリックして保存すると、ポートレートの色付けの練習ができます。

Colorizer Pro

15日間トライアル

CODIJY Colorizer Proを使って、写真の色付けの魔法をお試しください。15日間、リスクなしですべての機能をお試しいただけます。素晴らしいカラーライゼーションを作成し、CODIJYドキュメントに制限なく保存することができます(*mgdファイル)。 

15日間、リスクなしですべての機能をお試しください! 

WindowsとMacに対応しています。ダウンロードリンクをメールボックスにお届けします   

1回分のメールをお送りします。

(*) 登録版で保存したCODIJY文書を開くと、カラー化されたプレビューから透かしが消えます。