ストロークの色を編集する

生成された結果の色に満足していない場合は、関連するトーンを調整したり、これら2つの簡単な再描画ツールを使ってカラーストロークを再描画したりすることができます。

HSBリペイントツール

ストロークの色相、彩度、明るさを調整するだけで、数秒で完璧なトーンを発見することができます。

ストローク上のカラー編集ダイアログを呼び出すには、HSBリペイントツール(H)  を有効にします。次に、ストロークをクリックします。ストロークが薄い場合は、エディタでプレビューを拡大表示します。

HSB色編集ダイアログは次のようになっています。

ここでハンドルをドラッグして、色の色相、彩度、または明るさを調整します。

あるいは、値を正確に調整するために矢印を使用します。そしてダイアログの外側をクリックして閉じます。

最後の変更を破棄するには、色の復元ボタンをクリックします。

バケツとピペットの再塗装

従来のピペットやバケツツールを利用して、 カラーライブラリや色の歴史、 カラーピッカーで色を試してみたい場合は、外部ソースから用意された HEX 値を利用します。

ピペット (C) を選択します。 パレット、色の履歴、または任意のカラーライブラリから新しい色を選択します。

次に、バケット (R) に切り替えます。ストロークをクリックして再描画します。

Colorizer Pro を無料で試す

CODIJY Colorizer Proで写真のカラーリングの魔法の芸術を試してみてください! 15日間、リスクなしでそのすべての機能をお試しください! 素晴らしいカラーリングを作成して、CODIJYドキュメント(*mgdファイル)に制限なく保存しましょう。

15日間、リスクなしですべての機能をお試しください! 

WindowsとMacに対応しています。ダウンロードリンクをメールボックスにお届けします   

1回分のメールをお送りします。

(*) 登録版で保存したCODIJY文書を開くと、カラー化されたプレビューから透かしが消えます。