私たちがお手伝いします

ご質問やお困りのことがありましたら、下記までご連絡ください。

support@codijy.com

ご質問は、Facebookのコミュニティで受け付けています。

あなたの質問をコミュニティに投稿することができます。

CODIJYソフトウェアガイド

トラブルシューティング

必ずご確認ください。

シリアル番号をコピーして貼り付けてください。
登録ダイアログで登録をクリックした後、アプリケーションを再起動しました。 

登録はすぐにできるものではありません。何度か操作をして、CODIJYが登録を処理する時間を稼いでください。

これが役に立たない場合は、あなたのシリアル番号を送ってください。

管理者権限でCODIJYをインストールしてください。それでも問題が解決しない場合は、弊社までご連絡ください。 

CODIJYはインストールされているRAMの量に非常に厳しいです。そして残念なことに、RAMが不足しているとクラッシュすることがあります。
簡単に言えば、あなたが持っているより多くのRAMは、その良いことです。
我々 は、これらの問題を排除するために取り組んでいますが、また、自分自身を助けることができます。
アプリケーション環境設定の “元に戻す & Temp ファイル “タブには、そのための 2 つのチェックボックスが含まれています。
– “元に戻す/やり直しデータをディスクにダンプする”
– “元に戻す/やり直すデータ圧縮を有効にする”
“Undo/Redoデータをディスクにダンプする” これにより、CODIJYは元に戻す/やり直しの操作をRAMに保存する代わりにディスクにダンプすることができます。これは他のタスク(例えば処理)のためにRAMをより多く節約するのに役立ちますが、アンドゥ/リドゥ操作が遅くなります。
“Undo/Redoデータの圧縮を有効にする” これはCODIJYがUndo/Redoデータを圧縮することを可能にし、より多くのRAMを節約することもできます。
“Dump Undo/Redo data onto disk “の状態によって、RAM内のデータを圧縮するか、ディスクにダンプするときにデータを圧縮します。
両方を有効にすると、アンドゥ/リドゥ操作が大幅に遅くなる可能性があるのでお勧めしませんが、どちらか一方を有効にすると、パソコンのRAMが少ない場合には助かるかもしれません。