our community brought to life

500000

historical photos & movies shots

colorizers' community & network

opens doors!

midsummer sale!

40% OFF colorizer pro!

our community brought to life

500000

historical & family photos

ホルデーセールはこちら

CODIJYソフトウェアが最大67%割引!

チュートリアル/チャレンジ

ひまわり

この簡単な例では、ヒマワリの花びらに自然な陰影をつける方法を学びます。その後、このテクニックを実践し、未完成の着色を完成させるチャンスがあります。この実践的な作業は、陰影を使った作業をマスターするのに役立ちます。

注意:このチュートリアルでは、ツールや機能の使用方法については説明していません。カラー化のワークフローを詳細に探求するには、最初のスターターレッスンを参照してください。

カラーマスクの描画

まずは、花全体に単色で塗ってみましょう。背景に青の天体のような色合いを加えて、結果をプレビューします。プログラムは、輪郭のある部分にピッキングした色調を正確に適用しました。しかし、花がやや不自然に見えることに気づくかもしれません。その原因を探ってみましょう。

単色で着色した場合、花びらは自然光の下でオブジェクトに典型的な色合いを獲得していません。それを証明するために、花びらの影の色調とカラー写真の色調を比較してみましょう。

正しい色を探す

これを修正するために、花びらの表面の影や暗い部分に、色の例にあった「オレンジ」のトーンを適用します。ご覧のように、影のある花びらは完璧に見えるようになりました。しかし、花びらの表面の同じ色のストロークでは、不自然にオレンジ色の色調になっています。


そこで、HSBリペイントツールを使って、花びらの表面のストロークの色調を調整してみましょう。色相を黄色に変更し(H 38 -> 46)、彩度を下げ(S 77 -> 69)、結果は非常に自然に見え始めました。これで、各パテルを彩色するためのフルカラーパレットが完成しました。

カラーリングした部分の色が、白と黒の部分に対してどのように見えるか見てみましょう。カラー写真で見分けがつくでしょうか?

まとめ

あなたが扱うであろう表面の大半は、複数の色を必要とします。表面にハイライト、シャドウ、またはその表面が完全に平らではない場合は、これらの領域を独立して着色することを考えてください。メイントーンのマスクでこの場所をカバーし、あなたがベーストーンと日陰の色の間の自然なコントラストを得るまで、ちょうどそれを調整します。見る人には全く見えませんが、あなたのカラーリングに活気に満ちたリアルな外観を加えることができます。

挑戦

ひまわりを完成させよう!

これで、履歴に保存されている半色化された例とパレットをダウンロードできるようになりました。このテクニックを練習するために